校長あいさつ

校長

校長 千葉 哲泰

本校は、平成元年に開校して以来、四半世紀にわたり、地域に根ざした情報処理技能者養成施設として、高度情報化社会を担う人材を育成してまいりました。平成27年3月には卒業生の総数が2,000名を超えましたが、その大半は地元に就職し、企業・諸団体・官公庁等の幅広い分野で活躍しています。
本校では、急速に進展するICT社会、ユビキタス社会の中で、情報処理に関わる知識・技術を自由自在に活用するための基本をしっかり身に付け、実践への応用力を培うことを大きな目標にして教育環境の充実と木目細かな指導に特に力を入れています。パソコン等の教育設備は5年を目安に更新しており、更新時点では最高性能の機器を導入するなど、常に充実した教育環境の整備を心掛けています。講師陣も豊富な実務経験に基づく高いレベルの知識を持って指導に当たっています。
また、学園祭やスポーツ大会、キャンプなどコミュニケーションの場を多く設けると共に、マナー指導や面接指導などの就職サポート等を通し、人間性や社会人としての心構えの涵養にも力を入れています。本校で情報処理の知識・技術を習得された皆様には、情報処理関連企業ではプログラマー、システムエンジニア等として、その他の企業においても企業内の情報化リーダーとして活躍する場がたくさんあります。 入学生は高校新卒者が大半ですが、大学卒業生や社会人経験者も大歓迎します。青森県、日本そして世界で活躍するため、本校で学び、自分を磨きませんか!